住み込みリゾートバイトの良い部分と主な仕事内容

リゾートバイトとはホテルや旅館で住み込みで働くことで、繁忙期のみという短期や数か月に及ぶ長期で働く場合とがあります。

リゾートバイトの良い部分は自然いっぱいの環境で働きつつ、宿に温泉があれば毎日入ることができますし近くにゲレンデがあれば休日に滑ることができるという経験もできるということです。住み込みで寮費はかからない場合がほとんどですし、食事も数百円という格安か無料です。


基本的に宿の仕事は朝が早くて夜が遅いという流れになるので、時給制であれば意外と多く稼げるのです。学生にも人気で、親元を離れて暮らすことで人間的な成長も期待できます。



一日の仕事の流れは、まず早朝に起きて朝食の準備をします。

住み込みのリゾートバイトの情報収集がもっと楽になります。

お皿の準備をしたり、調理の補助や盛り付けをしていきます。
朝食の時間になったら温かいものを効率良く運びます。

朝日新聞デジタルの情報が沢山詰まったサイトです。

従業員の朝食はお客様が食事をしている時に素早く済ませることが多いです。


お客様が食事を終わったらそのお皿を回収し、洗います。
テーブルも汚れているので拭き、醤油などの補充にも気を付けなければいけません。


その後は部屋や廊下の掃除に入りまして、大体昼を目途に終わらせるようにします。

昼食を済ませると中休みがあり、3時間ほどの休憩時間となります。


15時くらいから夕食の仕込みに入りまして、主に調理作業に従事します。

お客様が来たら朝食と同じように温かいものを順に出し、食べ終えた後の片づけが終わったら一日の仕事が終了です。

住み込みでのリゾートバイトは慣れると毎日ほぼ同じ行動となるので、仕事を覚えると心身共に余裕のある生活ができます。


Copyright (C) 2016 住み込みリゾートバイトの良い部分と主な仕事内容 All Rights Reserved.